• トップページ
  • 由緒・歴史
  • 祭典・行事
  • 賀茂祭(葵祭)
  • 境内案内
  • ご祈祷・結婚式
  • 関連団体
  • 関連リンク

祭典・行事

トップページ«祭典・行事«文月(7月)の行事

文月(7月)の行事

月次祭は一月・七月は15日、それ以外の月は毎月1日に斎行されます。

御戸代会神事(みとしろえじんじ)1日午前10時

田の植付けが終了し、害虫の発生を未然に防ぐ祈願をする神事です。

賀茂御戸代能「薪能」(かもみとしろのう「たきぎのう」)1日午後6時

賀茂御戸代能(かもみとしろのう)

遠く孝謙天皇の御代に神領地として御戸代田を寄進せられたことに始ります。

農夫の労をねぎらう意味で田楽・猿楽等が行われたのが始りと言われ、現在では観世流能・大蔵流狂言が奉納されています。(有料)
尚、現在は境内・重文、細殿(ほそどの)にて「薪能」として行われれています。

月次祭15日 午前9時半 参列可

月の初めに際し、国家安泰・皇室と国民の平安を祈願する祭典

賀茂の水まつり26日 午後6時 参列自由

水を司り竜神と称えられる摂社・新宮神社の神様を、 境内の「橋殿」にお招きし、水に感謝し酷暑を無事に過ごせる事を祈る 祭典と神楽「賀茂の舞」奉納の後、絵馬神輿と樽御輿が 境内を巡行して「ならの小川」を渡ります。
本祭典に際し、境内にて祈願短冊の受付を行っております(初穂料200円)

賀茂ごよみ

本殿前、内庭小庭
式年遷宮御白砂撒き行事


皆様のご要望により、式年遷宮特別企画「御白砂撒」を9月中旬(予定)まで期間を延長して行います。 歴史上初めて、最も神聖である國宝・本殿前小庭に、御祭神がお遷になる直前にお砂 を奉献頂きます。今しか無い、この機会にに是非お進み頂き、御神徳をお受けください。
お一人初穂料 1,000円
*砂が埋まりましたら予定より早く終了する場合もございます。

式年遷宮

特別参拝

上賀茂神社のさくら