• トップページ
  • 由緒・歴史
  • 祭典・行事
  • 賀茂祭(葵祭)
  • 境内案内
  • ご祈祷・結婚式
  • 関連団体
  • 関連リンク

上賀茂神社立砂

トップページ«最新情報一覧«平成23年10月の催し

平成23年10月の催し

上賀茂神社恒例祭特別参列のご案内

上賀茂神社では、古来より受け継がれております恒例祭に広く皆様方にも参列していただくべく特別参列を受け付けております。

ご希望の方は10月度は、以下の祭典に参列可能です。何れも30分前迄に社務所へお申し込み下さい。失礼の無い服装でご参列下さい。

尚、初穂料には撤饌(おさがり)が含まれます。先着順となります。

月次祭(つきなみさい)10月1日(土)午前9時30分

初穂料三千円にて本殿参列が出来ます。

  1. 毎月一日国家の安泰、皇室の弥栄、国民の幸せを祈る祭典

安曇川献進祭(あどがわけんしんさい)10月1日(土)午前11時

初穂料3000円にて本殿参列出来ます。

当神社御厨(みくりや)であった滋賀県安曇川町より古式通り現在でも鮎等を献進されるお祭りです。

新梅干献上奉告祭10月10日(月)午後1時

天文十四年(一五四五年)日照り続きだった為、賀茂祭において梅を供えたところ恵みの雨があったとの故事にちなんだものです。
(宮中日記『御湯殿日記』)和歌山県みなべ町、田辺町を中心とした「紀州梅の会」によって神前に今年出来上がった梅を漬けた梅干が献上されます。お迎えの方には袋入一粒梅が振る舞われます。(予定)

笠懸神事(かさがけしんじ)10月16日(日)午後1時

小笠懸 (こかさがけ)

笠懸は、現在主に関東地方での奉納が行われており、関西地区で行われるのは上賀茂神社だけです。しかも神社奉納として行われるのは全国でも上賀茂神社だけです。

詳細は賀茂笠懸神事のページをご覧下さい。

神嘗奉祝祭(かんなめほうしゅくさい)10月17日(月)午前10時

初穂料3000円にて本殿参列出来ます。

伊勢の神宮で行われる神嘗祭の斎行を寿ぎ、御本殿に奉告します。

皇后陛下御誕辰祭(こうごうへいかごたんしんさい)10月20日(木)午前10時

初穂料3000円にて本殿参列出来ます。

皇后陛下の御誕生をお祝い申し上げ更なる弥栄をお祈りします。

葵縁日10月22日(土)午前9時30分〜午後8時

特定非営利活動法人「葵プロジェクト」が主催する「出会い」をテーマにした縁日です。

上賀茂神社神社境内芝生、庁屋他で催しが開催されます。

文化サロン(無料、要予約)於・庁屋(ちょうのや)会場
食育プログラム「有難く頂く」協力:京料理 木乃婦
「ピッキングギター」世界王者Live&Talk
「コマ漫画」を作る 漫画で鍛える想像力
芝生会場
手づくり市、ガーデンカフェ、アウトドア体験
コンサート(無料) 於・芝生、馬場殿
「葵の歌」コンサート 12:00~13:00
クラシックコンサート 17:00~19:00
お楽しみ抽選会 19:00~

ラリーニッポン到着日10月24日(月)予定時間午後3時頃

烏相撲(からすずもう)

どなたでもご覧いただけます。

一般財団法人ラリーニッポン主催、観光庁等後援の行事で、当神社がゴールになるのは今回で二回目。

昭和49年以前に作られた数多くのクラシックカーが、10月21日に靖國神社を出発し、世界遺産等各所を廻った後、当日上賀茂神社ゴールを目指します。数多くの名車のゴールを境内でどなたでもご覧頂けます。

賀茂ごよみ

本殿修復状況特別公開8月1日~

現在、特別参拝(10時~16時、土日祝は~16時半)にお入り頂きますと参拝後、本殿御屋根修復状況を特別に拝観いただけます。
40年ぶりの宮大工さんの修復状況を間近でご覧頂く機会です。

式年遷宮

特別参拝

上賀茂神社のさくら