• トップページ
  • 由緒・歴史
  • 祭典・行事
  • 賀茂祭(葵祭)
  • 境内案内
  • ご祈祷・結婚式
  • 関連団体
  • 関連リンク

上賀茂神社立砂

トップページ«最新情報一覧«平成23年9月の催し

平成23年9月の催し

上賀茂神社恒例祭特別参列のご案内

上賀茂神社では、古来より受け継がれております恒例祭に広く皆様方にも参列していただくべく特別参列を受け付けております。

ご希望の方は9月度は、以下の祭典に参列可能です。何れも30分前迄に社務所へお申し込み下さい。失礼の無い服装でご参列下さい。

尚、初穂料には撤饌(おさがり)が含まれます。先着順となります。

月次祭9月1日(火)午前9時30分

初穂料三千円にて本殿参列が出来ます。

  1. 毎月一日国家の安泰、皇室の弥栄、国民の幸せを祈る祭典

賀茂の馬まつり9月7日(水)正午

賀茂の馬まつり

例年上賀茂神社と下鴨神社が隔年交代で行っているものです。

当神社は神話の時代にご神託に基づいて馬に乗って賀茂別雷大神のご降臨を願った事から日本乗馬発祥の地と言われています。馬にまつわる神事も多く残されていることから、馬の慰霊と馬事安全を祈願する祭典が行われます。
当日は牽き馬の儀式もあり、神山号(こうやまごう)を神覧に供します。

また、9月1日より9日まで氏子児童による馬の写生展が楼門内にて開催されます。

烏相撲内取式(からすずもううちとりしき)9月8日(木)午後8時

烏相撲内取式(からすずもううちとりしき)

9日の相撲に備えて、烏鳴きをする刀禰(とね)と児童が行う儀式です。取り組みの番立てを組み、習礼(練習)を行います。

重陽神事(ちょうようじんじ)9月9日(金)午前10時

本殿祭には初穂料3000円にて参列出来ます。

9月9日は、九という陽の数字が重なる事から重陽といい、古来よりこの日に菊酒を飲んだり、菊花についた露で肌を拭ったりして災厄を祓ってきました。古来宮中その他で行われた五節句の一つの重陽の節句に相当し、本殿に菊花を供え無病息災を祈願します。
尚、当日は菊酒の無料接待があります。

烏相撲(からすずもう)9月9日(金)重陽神事終了後

烏相撲(からすずもう)

神社御祭神の外祖父賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)が神武天皇東征に際し、八咫烏(やたがらす)と化(な)って先導された故事があり、烏との結びつきが深いのです。

禰宜方(ねぎかた)、祝方(ほうりかた)に分れ、児童による相撲が取られます。

当日は、本年度斎王代 金井志帆さん陪覧の下、氏子児童が元気に相撲を取ります。

「葵ねぶた」点灯式9月10日(土)午後5時

京都造形芸術大学と氏子児童が作成した「葵ねぶた」なるものの点灯式が行われ、午後9時まで19日まで点灯されます。
また、14日(水)より19日(月)まで「京造ねぶた」なるものも点灯されます。

上賀茂紅葉音頭大踊9月10日(土)午後8時

上賀茂紅葉音頭大踊

元は御所で踊られていたもので、現在は、保存会主催により一ノ鳥居前で行われます。どなたでも輪の中にお入りいただけます。

賀茂観月祭(かもかんげつさい)9月12日(月・中秋)午後5時30分

どなたでのご参列いただけます。

当神社では古来より月を愛でる行事が催されていたことが和歌にも多く見受けられます。

当日は月明かりのもと神事の後、様々な奉納行事が行われます。

午後6時より先着300名に「亀屋良長」御奉納の月見だんごの無料接待整理券を配付します。また、全ての奉納行事終了後、「増田徳兵衛商店」御奉納のにごり酒「月の桂」が全員に振る舞われます。

  1. 午後5時30分  境内芝生東・重文「馬場殿」にて神事
  2. 午後6時  奉納行事  関島秀樹 ミニコンサート、澤田好弘ミニコンサート等
  3. 午後7時30分  終了予定

秋季皇霊祭遥拝式9月23日(祝)午前10時

宮中皇霊殿で行われる祭に併せ、境内重文・土屋(つちのや)より遥拝します。
どなたでも遙拝に参列いただけます。

交通安全祈願祭9月26日(月)午前10時

秋の全国交通安全週間にあわせ氏子、崇敬者の交通安全を祈願します。

賀茂ごよみ

本殿修復状況特別公開8月1日~

現在、特別参拝(10時~16時、土日祝は~16時半)にお入り頂きますと参拝後、本殿御屋根修復状況を特別に拝観いただけます。
40年ぶりの宮大工さんの修復状況を間近でご覧頂く機会です。

式年遷宮

特別参拝

上賀茂神社のさくら