• トップページ
  • 由緒・歴史
  • 祭典・行事
  • 賀茂祭(葵祭)
  • 境内案内
  • ご祈祷・結婚式
  • 関連団体
  • 関連リンク

上賀茂神社立砂

トップページ«最新情報一覧«平成24年12月の催し

平成24年12月の催し

上賀茂神社恒例祭特別参列のご案内

上賀茂神社では、古来より受け継がれております恒例祭に広く皆様方にも参列していただくべく特別参列を受け付けております。

ご希望の方は12月度は、以下の祭典に参列可能です。何れも30分前迄に社務所へお申し込み下さい。失礼の無い服装でご参列下さい。

尚、初穂料には撤饌(おさがり)が含まれます。先着順となります。

月次祭(つきなみさい)12月1日(土)午前10時

初穂料三千円にて本殿参列が出来ます。

  1. 毎月一日国家の安泰、皇室の弥栄、国民の幸せを祈る祭典

すぐき奉納奉告祭12月9日(日)午前10時

すぐきは、当地が発祥の京漬物の代表の一つです。初漬のすぐきを神前にお供えし、感謝を捧げます。
一の鳥居より出発致します、すぐき奉納行列をお迎えの方には「すぐき(ころ)一つ」が振る舞われます。

宝船御飾清祓式12月13日(木)午前10時

宝船御飾清祓式

どなたでもご参列いただけます。

古くより事始めといわれるこの日、氏子の方が毎年新しく調製されたご奉納による宝 船が中門上に取り付けられます。
この日より小正月まで参拝者の方がこの下を潜ると良い年になるといわれております。

天長祭(てんちょうさい)12月23日(日・祝)午前10時

初穂料三千円にて本殿参列が出来ます。

今上陛下の御誕生を奉祝し、御代の弥栄を祈念します。

御禊・大祓式(ぎょけい・おおはらえしき)12月31日(月)午後4時

御禊・大祓式(ぎょけい・おおはらえしき)

どなたでも当日、人形(ひとがた)をお書き頂けます。どなたでもご参列いただけます。

半年間の罪穢を祓い清め、新年を清々しく迎える為に行われます。
神職が橋殿へ参進し、橋殿の殿上で中臣大祓を奏上しながら、皆様からお受けした人 形をならの小川に流します。

人形というのは、人の形をした紙で出来たもので、罪・ 穢をうつすものとして用いられます。
人形に氏名・年齢をお書き頂き体を撫で、息を吹きかけます。また当神社では、車 社会を反映させ、自動車等乗り物のお祓いの為の"車形"もございます。

除夜祭(じょやさい)12月31日(月)大祓に引続き

初穂料三千円にて本殿参列が出来ます。

一年の感謝を込め、来る年も良い年である様祈念します。

賀茂ごよみ

本殿修復状況特別公開8月1日~

現在、特別参拝(10時~16時、土日祝は~16時半)にお入り頂きますと参拝後、本殿御屋根修復状況を特別に拝観いただけます。
40年ぶりの宮大工さんの修復状況を間近でご覧頂く機会です。

式年遷宮

特別参拝

上賀茂神社のさくら