• トップページ
  • 由緒・歴史
  • 祭典・行事
  • 賀茂祭(葵祭)
  • 境内案内
  • ご祈祷・結婚式
  • 関連団体
  • 関連リンク

上賀茂神社立砂

トップページ«最新情報一覧«平成24年10月の催し

平成24年10月の催し

上賀茂神社恒例祭特別参列のご案内

上賀茂神社では、古来より受け継がれております恒例祭に広く皆様方にも参列していただくべく特別参列を受け付けております。

ご希望の方は10月度は、以下の祭典に参列可能です。何れも30分前迄に社務所へお申し込み下さい。失礼の無い服装でご参列下さい。

尚、初穂料には撤饌(おさがり)が含まれます。先着順となります。

月次祭(つきなみさい)10月1日(月)午前9時30分

初穂料三千円にて本殿参列が出来ます。

  1. 毎月一日国家の安泰、皇室の弥栄、国民の幸せを祈る祭典

安曇川献進祭(あどがわけんしんさい)10月1日(月)午前11時

初穂料3000円にて本殿参列出来ます。

当神社御厨(みくりや)であった滋賀県安曇川町より古式通り現在でも鮎等を献進されるお祭りです。

新梅干献上奉告祭10月10日(水)午後1時30分

天文十四年(一五四五年)日照り続きだった為、賀茂祭において梅を供えたところ恵みの雨があったとの故事にちなんだものです。
(宮中日記『御湯殿日記』)和歌山県みなべ町、田辺町を中心とした「紀州梅の会」によって神前に今年出来上がった梅を漬けた梅干が献上されます。お迎えの方には袋入一粒梅が振る舞われます。(予定)

神嘗奉祝祭(かんなめほうしゅくさい)10月17日(水)午前10時

初穂料3000円にて本殿参列出来ます。

伊勢の神宮で行われる神嘗祭の斎行を寿ぎ、御本殿に奉告します。

笠懸神事(かさがけしんじ)10月21日(日)午後1時

小笠懸 (こかさがけ)

笠懸は、現在主に関東地方での奉納が行われており、関西地区で行われるのは上賀茂神社だけです。しかも神社奉納として行われるのは全国でも上賀茂神社だけです。

大日本弓馬会武田流弓馬道では、東北の少しでも早い復興を願い、この度、南部駒(岩手県産)を所有する機会を得、笠懸神事に奉仕を致します。

詳細は笠懸神事のページをご覧下さい。

皇后陛下御誕辰祭(こうごうへいかごたんしんさい)10月20日(土)午前10時

初穂料3000円にて本殿参列出来ます。

皇后陛下の御誕生をお祝い申し上げ更なる弥栄をお祈りします。

第4回葵縁日10月28日(日)午前9時30分?午後8時

特定非営利活動法人「葵プロジェクト」が主催する「出会い」をテーマにした縁日です。

上賀茂神社神社境内芝生、庁屋他で催しが開催されます。

催し物
第4回「葵縁日」大切なものにめぐり会う
日時
10月28日(日)午前10時開会
主催
特定非営利活動法人 葵プロジェクト
  1. 上賀茂手づくり市
  2. 体験ゾーン・葵カフェ・お茶席(一部有料)
  3. コンサート(午後5時~) アーティスト:MODEA(モーディア)、他
  4. 世界遺産条約採択40周年記念事業
「葵サミット フォーラム」
(午前)講演・小学生学習発表「葵を通じて学んだ事」
講演:総合地球環境学研究所名誉教授 秋道智彌先生」
(午後)講演・シンポジウム「人・自然・文化の未来を考える」(事前申込制)
講演:国際日本文化研究センター名誉教授 芳賀徹先生」
シンポジウム:パネリスト(予定)」
山田啓二 京都府知事」
上田正昭 京都大学名誉教授」
千和加子 武者小路千家家元夫人

賀茂ごよみ

本殿修復状況特別公開8月1日~

現在、特別参拝(10時~16時、土日祝は~16時半)にお入り頂きますと参拝後、本殿御屋根修復状況を特別に拝観いただけます。
40年ぶりの宮大工さんの修復状況を間近でご覧頂く機会です。

式年遷宮

特別参拝

上賀茂神社のさくら