• トップページ
  • 由緒・歴史
  • 祭典・行事
  • 賀茂祭(葵祭)
  • 境内案内
  • ご祈祷・結婚式
  • 関連団体
  • 関連リンク

上賀茂神社立砂

トップページ«最新情報一覧«平成25年4月の催し

平成25年4月の催し

上賀茂神社恒例祭特別参列のご案内

上賀茂神社では、古来より受け継がれております恒例祭に広く皆様方にも参列していただくべく特別参列を受け付けております。

ご希望の方は4月度は、以下の祭典に参列可能です。何れも30分前迄に社務所へお申し込み下さい。失礼の無い服装でご参列下さい。

尚、初穂料には撤饌(おさがり)が含まれます。先着順となります。

月次祭4月1日(月)午前9時30分

初穂料三千円にて本殿参列が出来ます。

  1. 毎月一日国家の安泰、皇室の弥栄、国民の幸せを祈る祭典

久我神社春祭(くがじんじゃはるまつり)4月1日(月)午前11時

どなたでも参列いただけます。

当神社摂社で賀茂氏の始祖、賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)をお祀りする、久我神社で行われます。牽馬の儀があります。

土解祭(とげさい)4月3日(水)午前10時

土解祭(とげさい)

初穂料三千円にて本殿参列が出来ます。写真の模様はどなたでもご覧いただけます。

土解とは、春の日差しにより土地が作付けに適してくる事を云います。

この時期に土の災いを祓い、その年の豊作を祈念する大事なお祭です。特殊な卜占にてその年に蒔く稲種をきめ、お祓いをします。

大田神社春祭4月10日(水)午前10時

大田神社春祭

初穂料1000円からお心もちで御祈祷を受けていただけます。

かきつばたで有名な境内に終日氏子の方の生け花が奉納され、終日御祈祷が行われます。当日は京都市登録無形民俗文化財の「里神楽(ちゃんぽん神楽)」が御祈祷時、奉納されます。

梅若玄祥能奉納4月13日(土)午後1時から2時

どなたでもご覧いただけます。

詳細は平成25年4月13日梅若玄祥能奉納のご案内をご覧下さい。

賀茂曲水宴(かもきょくすいのえん)4月14日(日)午後1時

賀茂曲水宴(かもきょくすいのえん)

拝観料1000円にて拝観できます。

当神社では、寿永元年(1182)に神主重保(しげやす)が行ったことに起源をもつもので、当日は斎王代陪覧の下、当代一流歌人によって和歌が詠まれ、冷泉家時雨亭文庫の方々によって披講されます。尚、拝観先着500名の方には野点の抹茶券がつきます。
また本年は、再興20周年の佳節にあたり、冷泉貴美子先生による「和歌について」特別講演が正午より行われます。

半木社春祭(なからぎしゃはるまつり)4月20日(土)午前10時

どなたでもご参列頂けます。

現在、京都府立植物園半木の森に鎮座する養蚕製糸の守護神である、天太玉命(あめのふとだまのみこと)をお祀りする末社、半木社の春祭で多くの繊維関係者が参拝されます。

摂末社春祭(せつまっしゃはるまつり)4月21日(日)午前10時

どなたでもご参列頂けます。

既に春祭が行われた摂末社を除く5摂社15末社に神饌を供え祝詞を奏上します。

奈良神社春祭4月21日(日)午前11時

近くから祭典の様子はご覧いただけます。

食物産業の守護神を祀る奈良神社にて祈願をします。産業界の発展を祈願します。

昭和祭並びに植樹奉告祭4月29日(祝)午前10時30分

植樹献木ご希望の方は社務所まで。

昭和天皇にゆかり深い「昭和の日」に環境保護を願い祭典後、植樹が行われます。

賀茂ごよみ

本殿修復状況特別公開8月1日~

現在、特別参拝(10時~16時、土日祝は~16時半)にお入り頂きますと参拝後、本殿御屋根修復状況を特別に拝観いただけます。
40年ぶりの宮大工さんの修復状況を間近でご覧頂く機会です。

式年遷宮

特別参拝

上賀茂神社のさくら