• トップページ
  • 由緒・歴史
  • 祭典・行事
  • 賀茂祭(葵祭)
  • 境内案内
  • ご祈祷・結婚式
  • 関連団体
  • 関連リンク

上賀茂神社立砂

トップページ«最新情報一覧«平成25年6月の催し

平成25年6月の催し

上賀茂神社恒例祭特別参列のご案内

上賀茂神社では、古来より受け継がれております恒例祭に広く皆様方にも参列していただくべく特別参列を受け付けております。

ご希望の方は6月度は、以下の祭典に参列可能です。何れも30分前迄に社務所へお申し込み下さい。失礼の無い服装でご参列下さい。

尚、初穂料には撤饌(おさがり)が含まれます。先着順となります。

月次祭(つきなみさい)6月1日(土)午前9時半

初穂料3000円にて本殿参列が出来ます。

  1. 毎月一日国家の安泰、皇室の弥栄、国民の幸せを祈る祭典

紀州梅の会「梅の日」献上道中6月6日(木)午後1時半頃

天文年間に旧暦の賀茂祭の日に日照り続きであった為、梅を神前に供えた処、天候が順調になったとの故事『宮中御湯殿日記』に因み、その暦を新暦にすると6月6日であるという事から梅を献上するものです。
お迎えの方一粒入り袋梅が振る舞われます。

御田植祭(おたうえさい)6月10日(月)午前10時

初穂料3000円で本殿祭参列出来ます。

本殿で祭典後、摂社沢田神社へ向かい神事を行い、最後に神事橋にて川中に早苗を投じます。

夏越祓式(なごしはらえしき)6月30日(日)午後8時

夏越祓式(なごしはらえしき)

神職が立砂前に設けた茅輪(ちのわ)のくぐり初めをして、橋殿の上にてお祓いの行事を致します。その後、本殿にて祭典を執り行います。

茅輪は神職がくぐった後、皆様にくぐって頂きます。当神社では、みな月のなごしの祓へするひとは ちとせのいのち のぶといふなりと心の中で唱えながら、くぐって頂く習わしになっております。
茅の輪の横にくぐり方の説明を記した看板を設置いたしておりますので、その作法に従っておくぐりください。

詳細は夏越祓式のページをご覧下さい。

賀茂ごよみ

本殿修復状況特別公開8月1日~

現在、特別参拝(10時~16時、土日祝は~16時半)にお入り頂きますと参拝後、本殿御屋根修復状況を特別に拝観いただけます。
40年ぶりの宮大工さんの修復状況を間近でご覧頂く機会です。

式年遷宮

特別参拝

上賀茂神社のさくら