笠懸神事

更新日: 2019.10.13

日時
令和元年 10月20日(日)
時間
午後12時30分〜午後4時迄

日本書記にも登場する弓馬術で、騎射三物きしゃみつものと言われる武家の作法の一つ。三つは、流鏑馬、笠懸、犬追物いぬおうものとされ、犬追物は、廃絶した。尚、笠懸は流鏑馬の様な水平の的(馬上から約5メートル離れた40センチの四方の的を射る遠笠懸とうかさがけ)だけでなく、地上すぐの的(地面低くに立てられた10数センチ四方の的を射る小笠懸こかさがけ)も射る事からより実践的とされ、神社奉納としては、全国でも上賀茂神社だけで行われている。鎌倉に本拠を置く公益社団法人・大日本弓馬会、武田流の奉納。本年も女性射手が騎乗します。

当日の流れ

  • 12:30 笠懸神事 於本殿

    時刻、祭員と、笠懸奉仕者が、社務所前より本殿に参進します。

  • 13:00 笠懸 於芝生(参道西側)

    当日の笠懸は、参道西側に約180メートルのらち埒を設け、武者装束姿の騎手が順番に南端から出発。北端でUターンして、駆け抜ける。その間に左右両側に設けた的に向けて矢を放つ。

撮影・ドローンについて

上賀茂神社境内撮影、また撮影に関わらず境内上空でドローンを飛行させる場合は、事前許可が必要となります。安全と祭儀の厳修の観点から賀茂祭(葵祭)も含めた、全ての祭典、並びに、祭典以外の時間帯においても同様となりますのでご承知おき下さい。
賀茂別雷神社 社務所

We, Kamigamo-jinja Shinto Shrine inform all of you that in this area and above this area, if you need use Drone for shooting or just flying, please inform us and receive our permission. For safety and maintain good in order of Shinto Ceremonies, we are not allowed using "Drone" in this area of Kamigamo-jinja except our permission.
Kamigamo-jinja Shinto Shrine