• トップページ
  • 由緒・歴史
  • 祭典・行事
  • 賀茂祭(葵祭)
  • 境内案内
  • ご祈祷・結婚式
  • 関連団体
  • 関連リンク

上賀茂神社立砂

東北地方太平洋沖地震被災地の皆様へ

平成23年に発生しました東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
当神社におきましても現在も毎朝、一千年以上続きます「日供祭(にっくさい)」において 復興祈願祭を斎行し、被災地の一日も早い復興と、被災者の方々の安寧をお祈り致しております。

また当神社御祭神、賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)は、「雷」の一字をお持ちの事からも、電気産業の守護神との信仰があります。

福島県の東京電力第一原子力発電所の厳しい状況にあたり、当神社では、臨時祭として「放射能漏終息祈願祭」を平成23年3月13日(日)午前9時より斎行し、賀茂の大神様のご神徳を乞祈り奉り祈願した御神符を東京電力株式会社にお届け申し上げました。

また、一周年の日と二周年の日、そして本年3周年の日も京都避難の被災者、また移住者、支援者の方々と一日も早い復興、終息の祈願を行い、願いを捧げ続けております。

平成27年 第42回式年遷宮

平安以前よりの清浄な境内には、大神の鎮まります国宝に指定された本殿を中心に、同じく 国宝の権殿と国の重要文化財の多数の社殿を配する賀茂造りの佇まいと共に、五月十五日の 賀茂祭(葵祭)他年間七十数度に及ぶ神事が現在まで連綿と継承され、平成六年十二月には こうした先人達の弛みない努力の結晶として境内全域二十三万坪が世界文化遺産に登録され 広く認知されるに至りました。
当神社境内の六十棟に及ぶ建造物を維持する為に、朝廷は格別の尊崇により伊勢の神宮に代 表される『式年遷宮』の制度を設けられました。

式年遷宮について

上賀茂神社今月の祭事

上賀茂神社恒例祭特別参列のご案内

上賀茂神社では、古来より受け継がれております恒例祭に広く皆様方にも参列していただくべく特別参列を受け付けております。

ご希望の方は2月度は、以下の祭典に参列可能です。何れも30分前迄に社務所へお申し込み下さい。失礼の無い服装でご参列下さい。

尚、初穂料には撤饌(おさがり)が含まれます。先着順となります。

土解祭(とげさい)4月3日(木)午前10時

土解祭(とげさい)

初穂料三千円にて本殿参列が出来ます。写真の模様はどなたでもご覧いただけます。

土解とは、春の日差しにより土地が作付けに適してくる事を云います。

この時期に土の災いを祓い、その年の豊作を祈念する大事なお祭です。特殊な卜占にてその年に蒔く稲種をきめ、お祓いをします。

大田神社春祭4月10日(木)午前10時

大田神社春祭

初穂料1000円からお心もちで御祈祷を受けていただけます。

かきつばたで有名な境内に終日氏子の方の生け花が奉納され、終日御祈祷が行われます。当日は京都市登録無形民俗文化財の「里神楽(ちゃんぽん神楽)」が御祈祷時、奉納されます。

賀茂曲水宴(かもきょくすいのえん)4月13日(日)午後1時

賀茂曲水宴(かもきょくすいのえん)

拝観料1000円にて拝観できます。

当神社では、寿永元年(1182)に神主重保(しげやす)が行ったことに起源をもつもので、当日は斎王代陪覧の下、当代一流歌人によって和歌が詠まれ、冷泉家時雨亭文庫の方々によって披講されます。尚、拝観先着500名の方には野点の抹茶券がつきます。

昭和祭並びに植樹奉告祭4月29日(祝)午前10時30分

植樹献木ご希望の方は社務所まで。

昭和天皇にゆかり深い「昭和の日」に環境保護を願い祭典後、植樹が行われます。

今月の祭事一覧

賀茂ごよみ

賀茂曲水宴(かもきょくすいのえん)4月13日(日)午後1時

当神社では、寿永元年(1182)に神主重保(しげやす)が行ったことに起源をもつもので、当日は前年度賀茂祭斎王代長瀬摩衣子さん陪覧の下、当代一流歌人によって和歌が詠まれ、冷泉家時雨亭文庫の方々によって披講されます。
拝観料1000円にて拝観できます。尚、拝観先着500名の方には野点の抹茶券がつきます。

式年遷宮

特別参拝

上賀茂神社のさくら

世界遺産コンサートご招待