• トップページ
  • 由緒・歴史
  • 祭典・行事
  • 賀茂祭(葵祭)
  • 境内案内
  • ご祈祷・結婚式
  • 関連団体
  • 関連リンク

上賀茂神社立砂

東北地方太平洋沖地震被災地の皆様へ

平成23年に発生しました東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
当神社におきましても現在も毎朝、一千年以上続きます「日供祭(にっくさい)」において 復興祈願祭を斎行し、被災地の一日も早い復興と、被災者の方々の安寧をお祈り致しております。

また当神社御祭神、賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)は、「雷」の一字をお持ちの事からも、電気産業の守護神との信仰があります。

福島県の東京電力第一原子力発電所の厳しい状況にあたり、当神社では、臨時祭として「放射能漏終息祈願祭」を平成23年3月13日(日)午前9時より斎行し、賀茂の大神様のご神徳を乞祈り奉り祈願した御神符を東京電力株式会社にお届け申し上げました。

また、一周年の日と二周年の日、そして本年3周年の日も京都避難の被災者、また移住者、支援者の方々と一日も早い復興、終息の祈願を行い、願いを捧げ続けております。

平成27年 第42回式年遷宮

平安以前よりの清浄な境内には、大神の鎮まります国宝に指定された本殿を中心に、同じく 国宝の権殿と国の重要文化財の多数の社殿を配する賀茂造りの佇まいと共に、五月十五日の 賀茂祭(葵祭)他年間七十数度に及ぶ神事が現在まで連綿と継承され、平成六年十二月には こうした先人達の弛みない努力の結晶として境内全域二十三万坪が世界文化遺産に登録され 広く認知されるに至りました。
当神社境内の六十棟に及ぶ建造物を維持する為に、朝廷は格別の尊崇により伊勢の神宮に代 表される『式年遷宮』の制度を設けられました。

式年遷宮について

上賀茂神社今月の祭事

上賀茂神社恒例祭特別参列のご案内

上賀茂神社では、古来より受け継がれております恒例祭に広く皆様方にも参列していただくべく特別参列を受け付けております。

ご希望の方は6月度は、以下の祭典に参列可能です。何れも30分前迄に社務所へお申し込み下さい。失礼の無い服装でご参列下さい。

尚、初穂料には撤饌(おさがり)が含まれます。先着順となります。

紀州梅の会「梅の日」献上道中6月6日(金)午後1時半頃

天文年間に旧暦の賀茂祭の日に日照り続きであった為、梅を神前に供えた処、天候が順調になったとの故事『宮中御湯殿日記』に因み、その暦を新暦にすると6月6日であるという事から梅を献上するものです。
お迎えの方一粒入り袋梅が振る舞われます。

御田植祭(おたうえさい)6月10日(火)午前10時

初穂料3000円で本殿祭参列出来ます。

本殿で祭典後、摂社沢田神社へ向かい神事を行い、最後に神事橋にて川中に早苗を投じます。

賀茂の水まつり7月27日(日)午後6時

賀茂の水まつり

どなたでも参列いただけます。
一昨年初めて水を司る龍神を祀った上賀茂神社境内摂社・新宮神社で祭典・神楽の奉納を行いました。本年も境内橋殿で祭典後、境内ならの小川、川中を絵馬みこしが遡ります。
絵馬みこしには、皆様にお書き頂きました短冊を添え、願いが成就します様に祈念致します。この日のみ実際に祭儀を行う「ならの小川」に足を漬けて短冊をくくっていただけます。
二葉葵のすかし短冊は、1枚200円の初穂料でお受けしています。。

今月の祭事一覧

最新情報

最新情報一覧

賀茂ごよみ

賀茂の水まつり7月27日(日)午後6時

どなたでも参列いただけます
一昨年初めて水を司る龍神を祀った上賀茂神社境内摂社・新宮神社で祭典・神楽の奉納を行いました。本年も境内橋殿で祭典後、境内ならの小川、川中を絵馬みこしが遡ります。
皆様にお書き頂きました短冊を添え、願いが成就します様に祈念致します。また、この日のみ「ならの小川」に足をつけて短冊をくくっていただけます。
二葉葵のすかし短冊は、1枚200円の初穂料でお受けしています。

式年遷宮

特別参拝

上賀茂神社のさくら

世界遺産コンサートご招待